おねしょのしくみ

昼間のおむつははずせたものの、なかなか夜のおむつがはずせないという悩みがあります。

昼間起きている間のトイレトレーニングは、自立させるように促すことができますが、夜間に関しては習慣だけではなかなかうまくいきません。

昼間のおしっこの頻度や量と、夜のおしっこのそれとは、そもそも別のものだと考えられています。

おねしょをしてしまうその理由は、寝ている間に作られるおしっこの量を調節するための抗利尿ホルモンの分泌がひとつ。

そして、作られたおしっこを貯めておける膀胱の容量が十分発達するためには、時間がかかるという理由があるためです。

子どもの発育の速度には個人差があり、膀胱の大きさなどもやはり、人によって違います。

夜、ある程度まとまった時間熟睡できるようになるのにも時間がかかります。

夜の睡眠中に分泌されるのが抗利尿ホルモンで、おねしょがなくなるためには身体や脳の発育は必要になるということですね。

おねしょが続くと洗濯物が増えたりして親の気は滅入りますし、心配にもなります。

ただ、おねしょは5,6歳までには多くの子供が卒業しますので、それまではあまり考えすぎないでおきましょう。

このように成長を気長に待つ気持ちがあればやがてはしなくなるのが大多数ですが、中には小学校にあがってからもおねしょが頻繁なままの子どもいます。

それまでと症状は同じでも、一般的に5,6歳以降のおねしょは夜尿症(おねしょ)と呼ばれるようになります。

夜尿症(おねしょ)の場合、自然になくなるのを待つというよりは改善のために対策を取っていくことが必要となります。

【詳しく知りたい】夜尿症(おねしょ)はなぜ起こるのか